2017年10月16日

ブックオフで売れ残った本について

ブックオフで売れ残った本は、基本的に全て処分しています。
規模が大きなお店になると、1日にかなりの量の本を処分することになります。
近場で新規オープンするお店があると、そこに本を譲渡したりする場合もありますが、そういった事はめったになく、大半の本は泣く泣く捨てられているというのが実情です。
ブックオフに限らず古本屋では、常に本を廃棄するリスクを考えなければなりません。

新刊本を取り扱うお店では事情が違っていて、新刊本は取次と呼ばれる中間業者から本を仕入れて販売し、売れ残った本は取次へ仕入れ値で返品できるシステムとなっているため、売れ残りのリスクはほとんど考慮する必要がありません。
新刊本を取り扱っているお店は、厳密に言うと本を仕入れて販売しているというよりは、取次との販売委託契約によって一定期間本を預かり、本の販売を委託されているというシステムになっているのです。
中古本はこういった取次を介していないので、売れ残った本はそのまま廃棄するしかありません。
そのため本が売れ残ると、仕入れ値、加工に関わった人件費、他の売れる本を棚に置けなかった分のコストといったものがそのままお店に跳ね返ってきてしまいます。

以前に買取価格についての記事で、ブックオフには半額近辺で売られる本と、100円で販売される本があると書きましたが、廃棄される本の大半は100円の本です。
そのため元から10円で仕入れていれば損するのは10円+その他の経費という事になりますが、中には半額で販売する価格で買い取りを行い、それが売れ残って100円になり、それでも売れ残って廃棄されるような本もあるので、その場合はそれ以上にマイナスになってしまいます。

ブックオフでどのように売れ残っている期間を管理しているのかというと、値札のシールの色で行っています。
ブックオフでは、赤、青、黒、緑の4色の値札シールがあり、3ヵ月ごとに色を変えています。
買取った本を棚に出す際に値札を付けているため、いつから売れ残っている本なのか分かるようになっています。
新しく本を買取って棚に出そうとした場合に、古い時期のシールが付いている本が残っていたり、同じ巻ばかり大量に残っているような場合は、そういった本から優先的にストッカーと呼ばれる本棚の下についているスペースに移します。
ストッカーもいっぱいになると、半額で売られていた本は値札を付け替えられて100円コーナーに移動し、そこでも売れ残ると廃棄処分となります。
ただし私が働いてたお店にはバックヤードと呼ばれる場所があり、今は売れ残っていても現在の在庫がハケたらもう一度売り場に戻したいような本は、一旦バックヤードに移して、棚に空きができたらまた戻していました。

このように、お店の側でも売れ残りを少なくするように努力はしているのですが、それでも大量の売れ残りが出てしまうのが実情です。
店員としてもせっかくお客に売ってもらった本をそのまま捨てるのは申し訳ない気持ちではあるのですが、無限に保管できる場所があるわけではないので難しいところです。




posted by ヨムヨム君 at 06:01 | Comment(0) | ブックオフについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする