※2013年04月現在のブックオフオンラインとネットオフの最高買取価格比較
 青年コミック少年コミック少女コミック書籍
ブックオフオンラインの最高買取価格250円150円150円1000円以上
ネットオフの最高買取買取300円300円250円2000円以上

■ネットオフ高額買取り商品一覧

・高価買取情報(コミック) コミック
・高価買取情報(CD) CD
・高価買取情報(DVD) DVD
・高価買取情報(ゲーム) GAME

2014年02月16日

ブックオフの買取価格設定

■ブックオフの買取価格はランク分けされている
ブックオフの買取価格は、本が「キレイか汚いか」と、発売されてから「新しいか古いか」から判断されて決まります。
買取価格は基本的に店内チラシに書かれている売れ筋の本以外は非公開となっています。
私は元店員なので非公開の買取価格も把握していますが、ブログで公開することは出来ませんので、以前にブックオフ創業者の坂本さんが自書で公開していたものをご紹介します。
坂本さんの本によると、ブックオフの買取価格は本のランク分けで決まります。
発売から3ヶ月以内でキレイな本は特Aと呼ばれ、3ヶ月を過ぎた本はA、B、C、Dとランクが下がっていきます。
特Aは定価の10%、Aは6%、Bは4%、Cは10円での買取、Dは買取不可となります。
つまり、定価1000円の本だと、特Aは100円、Aは60円、Bは40円での買取になります。
Cが10円で固定されているのは、販売価格が105円で決まっているためで、ブックオフの100円コーナーに置かれている本は大抵10円買取されているという事になります。
ちなみに、特A〜Bは定価の半額近辺で販売されます。
現在の買取価格は上記とは変わっていますが、大きな差はありません。
ためしにコミックコーナーの販売価格を見ていただくと、定価の半額近辺か、もしくは105円のどちらかで販売されている事が分かります。

■ブックオフの買取価格が安いと言われるのは
定価1000円の本を例にすると、特Aランクでもブックオフは100円で買い取って500円で販売するわけですから、利益幅を大きくとっている事が分かります。
売る側にとっては発売から3ヶ月も経っていないのに、1000円で買った本が100円でしか買い取ってもらえない事になりますので、「ブックオフの買取価格は安い」と世間で噂が広がるのも仕方がないのかもしれません。
このため、最近ではブックオフも一部の本には特別買取価格を設定するようになっていて、店内に貼られたチラシから確認する事が出来ます。
しかし、高額買取設定された本はごく一部にすぎず、その一部の本も最近増えているインターネット買取に特化した業者に比べると安いのが現状です。

■インターネットでの買取価格
ブックオフの買取価格に不満を持っている人が、最近はインターネットでの買取と販売に特化した業者に本を売るようになってきています。
インターネットに特化した業者では店舗運用の費用がかからないのと、売られた本が一箇所に集荷されるために専門のスタッフによる査定ができるという強みを生かし、従来のお店以上の高額で買取を行なっています。
例えば、TSUTAYAと同じグループが運営するネットオフの最高買取価格は以下のようになっています。
(価格は2013年4月に調査したときのものです)
 青年コミック少年コミック少女コミック
ネットオフ
ネットオフの最高買取買取
300円300円250円


コミックは大抵500〜600円程度が定価となりますので、ネットオフでは売れ筋や新しい本は定価の半額近辺で買い取っている事が分かります。
ブックオフが一部人気商品以外は定価の1割近辺で買い取っていますので、かなり大きな差となります。
また、ネットオフではインターネットから申し込んだ後、ダンボールに本を詰めて待っているとクロネコヤマトが無料で本を引き取りにきます。
本を運ぶ労力がいらず、誰にも見られることなく本を売れるのも便利です。
↓そのあたりの詳細はネットオフのHPでご確認下さい。




posted by ヨムヨム君 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックオフの買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

ブックオフでの本の大量買取について

本を大量に買い取ってもらう場合、ブックオフなどのお店へ持ち込むのと、インターネット買取で申し込むのとでは若干取り扱いが変わってきますのでご紹介します。

■ブックオフへ大量に本を持ち込む場合
ブックオフへ大量に本を持ち込む場合は、駐車場まで本を持っていけば、後は店員に頼んで本を運んでもらうことができます。(ただし店員の人数が少ない場合などは断られる場合もあり)
また、ブックオフは1冊ずつ本を査定するので、大量に持ち込んだからといって本の査定にプラスされるような事はありません。
逆に10巻で完結する本で、途中の7巻だけないような場合でも、買取査定がマイナスになる事はありません。

■インターネットで大量に本を売る場合
インターネット買取に特化している業者に本を売る場合でも、大量の本を一度に売る事が可能です。
例えば、業界最大手でTSUTAYAと同じグループが運営しているネットオフでは、インターネットから買取申し込みを行うと、家までクロネコヤマトが無料で本を引き取りに来てくれますので、本を運ぶ労力がいりません。
ネットオフへ買取申し込みを行う場合は、本がダンボール何箱になるのかを入力する必要がありますので、最初に梱包してから申し込みを行うといいでしょう。
ダンボールが不足している場合は、ネットオフから無料で送付してもらう事も出来ます。
本を大量に売る場合、買取価格が高額で、本を運ぶ労力がいらないインターネット買取の方がお得だと思います。
↓詳細はネットオフのHPでご確認下さい
posted by ヨムヨム君 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックオフの買取システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする