※2013年04月現在のブックオフオンラインとネットオフの最高買取価格比較
 青年コミック少年コミック少女コミック書籍
ブックオフオンラインの最高買取価格250円150円150円1000円以上
ネットオフの最高買取買取300円300円250円2000円以上

■ネットオフ高額買取り商品一覧

・高価買取情報(コミック) コミック
・高価買取情報(CD) CD
・高価買取情報(DVD) DVD
・高価買取情報(ゲーム) GAME

2013年09月22日

主に泣いてます 東村アキコ

東村アキコ

主に泣いてます(1) (モーニングKC)


主に泣いてます
モーニングで連載されていた漫画です。
2012年にフジテレビで菜々緒主演でドラマ化もされました。
東京の向島近辺を主な舞台として、美人すぎて不幸な人生を送る女性「泉」と、それを取り巻く人たちのドタバタを書いたコメディ漫画となります。
作者得意の、真面目な人がメチャクチャな人たちに振り回されるというパターンで話が進んでいきますが、東村先生のこういう作品、本当に私は大好きです。

なお、wikiでは次のように紹介されていました。
■あらすじ
あまりの美貌がゆえに薄幸人生を生きる美人絵画モデル・紺野泉。彼女の望みは「ただ好きな人のそばにいること」。不幸を約束された絶世美女が、幸せを求めて非モテ人生を突き進んでいく。

■登場人物
紺野泉(こんの いずみ) 本作の主人公(ヒロイン)。日本を代表する人気画家・青山仁の愛人兼モデル。身長168cm、スリーサイズはB90・W60・H90。願いは「好きな人と傍にいること」。妻帯者である仁に恋心を抱き、一緒になるのを一途に願っている。 彼女を見たほとんどの男性が一目惚れするほどの有り余る美貌を持つ。しかしながら真性の天然でナルシシズムが無く、控えめかつ繊細な性格ゆえに世渡りや人付き合いが苦手で、惚れられた男からストーキングされてそれから逃げるため頻繁に夜逃げをしたり、泉を巡って男性同士がいざこざを起こす事件が何度も起きてしまうなど、不幸な人生を送っている。 男性に惚れられ、女性からは妬まれるため、まともに働く事ができず、無職。仁が講師として絵画教室を開くアトリエ「Atelier jin」の絵画モデルをしているが、教室に通う生徒が少なく、彼女に支払われる給料は無いに等しい。また、仁が彼女をモデルに描いた絵画『「Iの肖像」シリーズ』での収入は仁の妻が管理しているため、愛人の泉には入ってこない。そのため、教室の生徒である中学生のつねに世話になっている。 街行く人や教師である啓介に惚れられないように様々な珍奇なコスプレをする、あるいはつねにさせられる。「非モテ人生」を望む本人も真面目にこなしており、幾分満更ではない様子もある。 かつて泉の妹の婚約者に惚れられたことで婚約を破談させ、立腹した妹から「お姉ちゃんなんかいなくなればいのに!」と言われてしまったことが深いトラウマになっている。それが原因で海岸で自殺をしようとした所、偶然通りかかった仁と出会い、彼に惚れた。
 赤松啓介(あかまつ けいすけ) 東京美術大学に通う、クセっ毛に眼鏡をかけた男子生徒。4年生。 同大学の教授である仁の授業の単位補充のため、仁が日本国外に出かける1ヶ月だけ講師をしに「Atelier jin」にやってくる。教室内では水木しげるの漫画のキャラクターのコスプレなどをする泉や、それをさせるつねを相手に、真面目に授業をしようと四苦八苦している。 性格的にはやや押しが弱い分、泉の美貌を意識しつつも教室運営を優先させるだけの節度は持ち合わせており、泉に惚れて教室そっちのけになる事などない事を確たるものにするために、ゲイだと嘘を吐いてしまうが、つねと泉はそれを信じ切っているため、引っ込みがつかない状態にある。
 緑川つね(みどりかわ つね) 美大受験に向けて「Atelier jin」での絵画教室に通う女子中学生。黒髪おかっぱ。一人称は「オレ」。 気が強く押しの強い立ち振る舞いで、歳不相応なほどに他人や社会を醒めた目で見ている。本人は真面目に授業を受ける気は見せているが、一方で泉にコスプレさせる事や、啓介をからかう事を楽しんでる節がある。 教室の大事なモデルである泉がトラブルに巻き込まれないように、事件の後始末や夜逃げの手筈を整えたり、コスプレ・変装用具を用意したりと、何かとサポートする。また、向島で一番大きい料亭「美登里(みどり)」の一人娘であり、貧乏な泉を金銭面、食糧面でも支援している(いわゆるタニマチ)。 成績優秀にして空手有段者。年齢に似合わず雑学やサブカル、1980年代の芸能ネタなどに詳しく(泰葉、岡田あーみんなど)、トキとパロディネタの寸劇などを繰り広げる時もある。


posted by ヨムヨム君 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人オススメの青年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

ヴィンランド・サガ 幸村誠

最初は週間少年マガジンで連載されていましたが、作者が週間での連載ペースを保つ事ができず、アフタヌーンでの連載に変更となり現在に至っている作品です。
11世紀の北欧が舞台となっていて、そこで活躍するヴァイキングたちが話の中心となっています。
歴史的にはあまり馴染みがありませんでしたが、そんなことは全く気にならずに話にのめり込んで行きました。
物語の前半は主人公の復讐劇やヴァイキングたちの血なまぐさい戦いを中心に話が進んでいきますが、途中から大きく物語の軸のようなものが変わっていきます。
目まぐるしく変わっていくストーリーからも目が離せませんし、多摩美術大学美術学部中退という作者の美麗なイラスも秀逸です。

なお、作品のストーリーなどは以下のとおりです(Wikipediaより)

■概要
11世紀初頭の北ヨーロッパ及びその周辺を舞台に繰り広げられる、当時世界を席巻していたヴァイキングたちの生き様を描いた歴史漫画である。
2005年4月より『週刊少年マガジン』(講談社)で連載が始まったが、週刊連載に幸村の執筆が追いつかず、2005年10月に同誌での連載を終了。同年12月より『月刊アフタヌーン』(講談社)にて月刊ペースの連載を再開し、現在に至る。なお単行本は「マガジン版」の1・2巻が出されたあと、判型・収録話数を改めて「アフタヌーン版」として新しく1巻から再版されている。
2008年の時点で累計120万部を突破。2009年、平成21年度(第13回)文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。2012年、平成24年度(第36回)講談社漫画賞「一般部門」受賞。
西本英雄によるスピンオフ作品として『元祖ユルヴァちゃん』がある。

■あらすじ・構成[編集]
作中では明確な章分けはされていないが、構成をもとに以下のように分けて各編のあらすじを記す。
◆プロローグ(第1話〜第2話) 11世紀初めの西ヨーロッパ、フランク王国領。この時代、ヨーロッパの海という海、川という川に出没し、恐るべき速度で襲撃と略奪を繰り返す北の蛮族、ヴァイキングは人々の恐怖の的だった。その日も、とあるヴァイキングの集団がフランク領主同士の小競り合いに乗じて包囲されていた都市を瞬く間に落とし、蓄えられていた財貨を残らず奪い去っていった。この略奪はアシェラッドという男が指揮する兵団の仕業で、その中に2本の短剣を武器にする凄腕の少年がいた。その名はトルフィン。今回の襲撃で敵指揮官の首を取る戦功を挙げた彼は、見返りとしてアシェラッドに彼との決闘を求める。

◆幼少編(第2話〜第16話) 物語は10年前、1002年のアイスランドにさかのぼる。アイスランドはノルウェー王の統治を嫌う人々がスカンディナヴィア半島から移り住んできた土地で、少年トルフィンは父トールズと母ヘルガ、姉ユルヴァとともに貧しいながらも平和に暮らしていた。そこに北海最強の戦闘集団、ヨーム戦士団(ヨムスヴァイキング)のフローキが現れる。トールズは実は昔、「戦鬼(トロル)」の名で恐れられたヨーム戦士団の大隊長を務めていたが、ある日突然、首領シグヴァルディの娘のヘルガとともに姿を消していたのである。フローキはトールズの出奔を不問に付すかわりにイングランドとの戦に参加せよ、という首領の命をトールズに伝える。島民の身柄を盾に取られた彼はそれに応じ、数名の若者と友人レイフとともに本土との中継地点であるフェロー諸島を目指すことになった。これを知った少年トルフィンは、戦いへのあこがれから父に黙って勝手についてきてしまう。

◆ブリテン編(第17話〜第54話) 9世紀から断続的に続いていたデーン・ヴァイキングによるイングランド襲撃は、11世紀に至ってデンマーク王のイングランド征服事業に発展し、大王スヴェンの時代に佳境を迎えていた。アシェラッド兵団はヨーム戦士団等と共にこの遠征に参加し、1013年、要地ロンドンの攻略に着手する。当時ロンドンを守っていたのはトルケルという名の巨漢のデーン人だった。アシェラッドは彼に対しトルフィンを差し向けるが、トルフィンはトルケルとの圧倒的な体格差を前に敗北する。短期のロンドン陥落は困難と見たデンマーク王は、4000人の軍勢を残して本軍を移動させ、幼さの残る王子クヌートを包囲将軍に命じる。しかしその後トルケルが攻勢に転じて包囲部隊を敗走させ、王子と護衛のラグナル、神父ヴィリバルドを捕虜にする。この局面を見たアシェラッドは単独でのクヌート王子救出を決意、マールバラ近郊でデーン軍部隊と交戦中のトルケル軍に火計を用いて奇襲し、王子たちを奪取する。その後、アシェラッド兵団はトルケル軍から逃れるため、ウェールズを北上してデーンロー帰還を目指す。しかし、過酷な風雪のため南寄りのマーシアに進路修正を余儀なくされ、宿営に用いた寒村での失策からイングランド軍に発見される。その後トルケル軍の接近を知った兵団は動揺し、大半がトルケル軍に寝返る。アシェラッドは副官ビョルンとトルフィンにクヌート護衛を任せて橇で逃がし、裏切った戦士たちと交戦しているところにトルケル軍が到着。トルケルは反乱軍の申し出を拒絶し、彼らを皆殺しにする。アシェラッドの危機を感じとったトルフィンは馬で戦場に戻り、トルケルと再び対戦する。アシェラッドの協力を得てトルケルを追い詰めるが、そこに覚醒し王者の風格を備えたクヌートが現れて決闘を中断、さらにトルケル軍を帰順させる。その後、クヌート一行はデーン軍の本拠地ゲインズバラに帰還し、1014年、スヴェン王に謁見する。

◆奴隷編(第55話〜 ) デンマーク軍を追放され、同時に生きる意味を失ったトルフィンは奴隷身分に落ち、ケティルという男に買われる。彼はデンマークのユトランド半島に広大な土地を所有しており、トルフィンはそこで森林の開墾を命じられる。1015年、同じく奴隷として買われた元農民の青年エイナルと出会う。用心棒や奉公人から嫌がらせを受けたり、元奴隷の奉公人パテールやケティルの父親スヴェルケルの助けを受けたりしながら、二人はひたむきに開墾作業を続ける。その過程で、トルフィンはそれまでの血に染まった生き方を悔い、これからは二度と暴力を振るわないとを誓う。一方、1016年にイングランド王を暗殺しイングランドの単独の王となったクヌートは、1018年、デンマークを治める兄ハラルドをも手にかける。税金を上げずにイングランドのデーン人駐留軍を維持するための財源を確保したいクヌートは、デンマークで有数の農業生産量を誇るケティルの農場を接収することを決意する。

幸村誠

ヴィンランド・サガ(13)


ヴィンランド・サガ
posted by ヨムヨム君 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人オススメの青年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

ひまわりっ 〜健一レジェンド〜 東村アキコ

モーニングで連載されていた漫画です。
作者の大学卒業後からの実話も交えた話になっていて、健一というのは作者の父親です。。
父親に関するエピソードはほぼ実話だという事なので、本当に個性的で面白いお父さんみたいです。
作者の東村アキ子の弟は「となりの関くん」作者の森繁拓真で、作品中でもタクマとして登場します。
姉弟でギャグ漫画が書けるようになれるほど、お父さんが個性的で面白いという事なのでしょう。

作者はこれ以外にも何冊か本を出していますが、私はこの作品が一番好きです。


なお、作品のストーリーは以下のとおりです(Wikipediaより)
■概要
作者の大学卒業からの経緯を実話を交えながら描いたフィクションの漫画。宮崎県が舞台。この作品では主に自らの父親について記憶をもとに語っている。ときおり作者が別紙で連載している『きせかえユカちゃん』のキャラの名前が登場する。 作品中に宮崎県内(宮崎市内)に実在する店舗が出てきたり、南九州テレフォンの建物はNTT西日本宮崎支店がモデルになっている。

東村アキコ

ひまわりっ ~健一レジェンド~(1) (モーニングKC)


ひまわりっ
posted by ヨムヨム君 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人オススメの青年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする