※2013年04月現在のブックオフオンラインとネットオフの最高買取価格比較
 青年コミック少年コミック少女コミック書籍
ブックオフオンラインの最高買取価格250円150円150円1000円以上
ネットオフの最高買取買取300円300円250円2000円以上

■ネットオフ高額買取り商品一覧

・高価買取情報(コミック) コミック
・高価買取情報(CD) CD
・高価買取情報(DVD) DVD
・高価買取情報(ゲーム) GAME

2013年09月10日

C.M.B. 森羅博物館の事件目録 加藤元浩

前回紹介した「QED」の姉妹作品となり、QEDの主人公である燈馬想のイトコ・榊森羅が考古学などの知識を駆使して様々な事件を解決します。
QEDとの登場人物が登場する事はめったにありませんが、今までに2回くらい、お互いに協力して事件を解決するという話がありました。


ちなみに、Wikiでの作品紹介は次のようになっています。

■概要
『月刊少年マガジン』2005年10月号より連載開始。『Q.E.D. 証明終了』の姉妹作品として、同一世界で展開されるミステリー漫画。人体発火や幽霊騒動などの怪奇現象や伝説などから起きる事件を、あらゆる研究や学術調査に関わる権限を強制できる「C.M.B.」の文字が記された3つの指輪を持つ博物館館長である主人公・榊森羅と体力と正義感が強いのが特徴の女子高生・七瀬立樹が幾多の謎を解決していく作品。
事件のテーマには怪奇現象のほか、遺跡や文明、植物や化石、動物等の分野を取り入れた話が多いのが特徴で、「Q.E.D. 証明終了」と同様に「小さな(=殺人ではない)事件」も取り扱っている。そして、事件の始まりである怪奇現象を科学的に証明できるモノとして扱っており、同様のコンセプトで制作された特撮ドラマ・怪奇大作戦に通じるモノがある。
■主要人物
・榊 森羅(さかき しんら) 東京の某所にある、森羅博物館に一人で住む不思議な少年。 名前は日本人だが、金髪。背が低く無邪気な性格から、七瀬からは年下に見られていたが(実年齢は14歳)、ある事件を機に同じ高校に通うことになり、七瀬と同じクラスになった。大英博物館の三賢者に与えられた「智の守護者」の証である3つの指輪を所有している。 母・春菜も考古学者で、森羅を連れ世界中を飛び回っていた。父親は不明。母の死後、三賢者に引き取られ、某国の湖の湖畔の古城で3人が持つあらゆる知識を吸収していくが、「自分の知識を実際にこの目で見て見たい」と思い、単身日本へ。「Q.E.D. 証明終了」の主人公・燈馬想の母方の従弟である。 日常生活を営むための常識は欠けているが、雑学や博学知識にかけては天下一品。社会科は歴史以外まるでダメで、国語は高校生レベルだが、英語は完璧なイギリス英語を操り、英語以外にラテン語など5ヶ国語を扱える。数学、化学、物理の知識は大学レベルで、歴史、地学、生物に関してはそれ以上の知識を持つ。その知識を用いて不可解な出来事から発生する事件を解決していく。だが、性格の無邪気さからか、殺人事件など人の命に関わっていることも、端から見ると真剣味にかけるような行動を取っている。その一方で、物語が進むにつれて立樹やマウの影響からか、かなりしたたかな一面を天然で見せるようになった。 上記のような知識と洞察力で事件の真相を暴いていくが、それを話す際は「入館料」などの条件や対価を事件関係者に求めるスタンスを取っている。なお、彼の条件を事件関係者が受諾した後、森羅が「“驚異の部屋(ヴァンダー・カンマー)”をご案内します」の口上を述べることがストーリーが解決編に入る合図となっている(これは姉妹作品である「Q.E.D. 証明終了」のスタイルを踏襲している)。「入館料」は金銭ではなく、事件に関するモノなのだが、取り損なうこともあり、場合によっては求めないこともある。   純粋な頭脳派かと思いきや、高い所に軽々登って見せたり、スコップ一つで崖下まで滑り降りていったりと、桁外れな運動神経を持つ。特にスノーボードを得意としており、その腕は、立樹と互角の勝負を見せ、命の危険を伴う「超上級コース」に躊躇無くチャレンジ出来る程。
・七瀬 立樹(ななせ たつき) 本作のもう一人の主人公。黒髪のストレート。正義感が強い元気いっぱいの女子高生で、合気道の達人。とある事件をきっかけに、森羅博物館に迷い込んだ。その後、怪奇事件があれば森羅に相談を持ち込むことになる。 自宅は「ななせ湯」という東京の下町にある銭湯で、父は下町っ子だが母はお嬢様と不思議な組み合わせ。祖父の言いつけでグループ傘下の、良家の子息・令嬢が通う名門校私立明友高校に通う。 勝ち気な性格で、厄介ごとは力でねじ伏せようと考えるタイプだが、名門校に通っている手前上、学校では周りの友人達に猫をかぶっている。そのせいでストレスが溜まるのか、学園の外では拳で物事を解決することがままあり、教員の間では、立樹が犯人だと知られていないため謎の問題児と呼ばれ、噂されている。ただし、話数が増え、親しい友人が増えるに従って学校でも地の性格を見せるようになった。 森羅の子供っぽさをフォローする役回りになることも有り、彼女の説得によって「入館料」が無料となったこともしばしば。森羅博物館への人の集まりが悪いことを気にしていた森羅に、人を呼び込むアドバイスをする等、森羅に足りない一般常識や感情論を補う立場を担っている。 また、飛んできた野球ボールを片手で取ったり、棒一つで壁を登ったりするなど、大人も驚愕する程桁違いな運動神経を持つ(森羅と同様、スノーボードが特技として、超上級コースにためらうことなく挑戦できる)。
■用語
3つの指輪 大英博物館がその収蔵品の収集や調査のために選抜した優秀な調査官兼学者である、知の守護者『三賢者』の証。それぞれの指輪に「C」「M」「B」の文字が記されている。これは初代『三賢者』が時の英国女王であるシャーロットより下賜されたもの。指輪の継承者はそれぞれの『三賢者』が自らの一番(優秀な)弟子と認めた人物に代々、受け継がれていく。 史実上における当時の英国王はジョージ3世であり、シャーロットはその妃であるため、史実に当てはめるなら正確には「王妃」より下賜された指輪である。しかし、作品発表時、イギリス国王はエリザベス女王のような「女王」の印象が強いものであったため、物語内でもそのように創作されたものと思われる。 この指輪を1つでも持つ者は、世界のあらゆる文献・学術資料・学術作品を閲覧収集でき、自らの調査・研究のために世界中のあらゆる学術機関よりの協力を強制できる権力を持つ。また、そのためにかかる費用も大英博物館より無尽蔵に引き出すことが可能となる。そのため、この指輪の権力を欲するものは後を絶たず、一方で指輪の所持者には世界中からあらゆる信頼を得ることもできる。 現在の継承者は榊森羅。3つの指輪の全てを先代の『三賢者』のそれぞれから譲り受けた。森羅は同時にそれぞれの先代三賢者であるスタン博士、レイ博士、モーリス博士の同時養子で一番弟子。立樹の心象ではあるが、先代三賢者は自らの持つ指輪の権力の強力さを怖れ森羅に譲ることでこれを封印する意図があったのではないかとされる。
加藤元浩

C.M.B.森羅博物館の事件目録(1) (月刊マガジンコミックス)


CMB

posted by ヨムヨム君 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人オススメの少年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

Q.E.D. 証明終了 加藤元浩

アメリアの大学を卒業してから日本の高校に編入した天才少年、燈馬想が様々な事件を解決していく推理もののコミックです。
殺人事件だけでなく、密室状態の部室にあったケーキを誰が食べたのかなど、人が死なない事件を解決する事もあります。
好きからは一定の評価を得ていて、2009年にはドラマ化されたこともあります。
姉妹作品に『C.M.B.』があり、こちらは主人公の従兄弟が歴史や考古学などの知識を駆使して事件を解決するお話です。

ちなみに、Wikiでは以下のように紹介されていました。
■概要MITを卒業して日本の普通の高校へ編入した探偵役の天才少年・燈馬想と、その助手の役回りである彼の同級生で体力と快活な性格が取り得の女子高生・水原可奈が様々な事件や問題を解決していく『月刊少年マガジンプラス』(講談社)に連載中の推理漫画。
第1話「ミネルヴァの梟」の掲載は『マガジンGREAT』1997年7月号。ただし掲載当初は読切形式による単発掲載であり連載作品ではなかった。第1話掲載後、好評により1998年に第2話「六部の宝」、第3話「ロスト・ロワイヤル」がそれぞれ同誌5月号・7月号に読切短期連載の形で掲載。
この時の人気を経て第4話「銀の瞳」が同年の同誌11月号に掲載。これらの読切掲載の好評により同誌1999年1月号に掲載された第5話「ブレイク・スルー」より連載作品となる。
掲載が始まった1990年代は『金田一少年の事件簿』の成功により『名探偵コナン』などの推理漫画が数多く発表された時期でもある。
題名はミステリの代名詞ともいえる名探偵エラリー・クイーンの口癖で数学用語のQ.E.D.にちなむ。
2009年、第33回講談社漫画賞少年部門受賞。

■特色
◆連載ペース
隔月刊ゆえに可能となる、100ページ前後のボリュームを持つ作品の一挙掲載による、一話完結を連載の基本としており、それまで発表されていた同種の漫画における謎が謎のままで終わり、解決に次号を待たねばならないために起こる「次回までのストレス」を解消した。 これが読者の支持を受け、一定の人気を博しており、隔月刊誌連載作品としては異例のロングラン作品となっている。また、単行本の売り上げ部数も、講談社における隔月刊誌連載作品での最高記録を樹立している。ただし、掲載誌が4ヶ月ごとの発刊の『月刊少年マガジン+』となったため、記録更新は隔月刊誌の『マガジンイーノ』掲載分で打ち止めとなっている。累計発行部数は、300万部以上を突破した。
◆ミステリ手法
事件の解決において、あえていくつもの事例を挙げておき、その後に各事例と現実を照らし合わせて矛盾を突く「仮定消去」など、それまでの推理漫画と一線を画する整理され卓越したロジックを展開するため、本格嗜好のミステリファンにも評価を受けており一時期において「ミステリー コミックの最高峰」とも称された。
◆あおり文句
これらの点より先ほど挙げた作品をはじめとする、従来の推理漫画とは一線を画する本格嗜好の路線を示すため、単行本の帯などには「知性への挑戦状」「新世紀ミステリ」「知的エンタテインメント」などの言葉が標榜されている。 また、主人公コンビの役割分担(知性担当と行動担当)が明確なため、そこから「Intelligent & Active」なる、あおり文句も称された。単行本17巻・20巻の帯では、法月綸太郎が推薦文を寄せている。
◆知的な小ネタ
主人公が若き数学者としての顔も持ち合わせ、また作者自身が理系大学卒業であるため、時折数学に関する知識(位相幾何学、無限など)が作内に顔を覗かせる。大学レベルの内容のものもあるが、これも作者は噛み砕いてわかりやすく説明している。 作中には硬い展開とは裏腹に、笑いを誘うような小ネタも多数折り込まれている。これは作者の落語好きによるもので、落語を元としたネタも多い。
◆事件の取り扱い
この漫画は「小さな(=殺人ではない)事件の取扱頻度が高い」という推理漫画においては、稀有な特徴を持つ。従来の推理小説・推理漫画において扱われる犯罪はほとんどが殺人であるが(著名な推理小説家であるヴァン・ダインも、彼自身が提唱するミステリーの基本法則の中で、殺人だけが本格推理に値すると述べている)、この漫画ではおよそ2回に1回のペースで殺人以外の小さな事件(日常の謎)も扱い、「部室のケーキを盗み食いしたのは誰か」「剣道部の道場に飛び込んできたバスケットボールを投げたのは誰か、また(遮蔽物の多い校舎・教室内から)どうやって投げたのか」などといった謎が話のテーマに据えられたこともある。また話の中には僅かにコンゲームがテーマの話も挿入されている。
加藤元浩

Q.E.D.―証明終了―(1) (月刊マガジンコミックス)


qed

posted by ヨムヨム君 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人オススメの少年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

進撃の巨人

このマンガが凄いの2011年オトコ編第1位の作品。

巨人が支配する世界で細々と生きる人類のお話です。
圧倒的に理不尽な世界。あまりにもあっけなく死んで行く仲間たち。

決して楽しくなるような作品ではなく、読んだ後はドッと疲れてしまうにも関わらず、途中から読むことを止められなくなります。
2013年以降に実写映画化される事が決まっているこの作品。
果たしてこの世界をどう映像にする事が出来るのか、今から期待させられます。

進撃の巨人
ブックオフ
posted by ヨムヨム君 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人オススメの少年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする