※2013年04月現在のブックオフオンラインとネットオフの最高買取価格比較
 青年コミック少年コミック少女コミック書籍
ブックオフオンラインの最高買取価格250円150円150円1000円以上
ネットオフの最高買取買取300円300円250円2000円以上

■ネットオフ高額買取り商品一覧

・高価買取情報(コミック) コミック
・高価買取情報(CD) CD
・高価買取情報(DVD) DVD
・高価買取情報(ゲーム) GAME

2013年10月15日

ぴんとこな(嶋木あこ)の買取価格

ネットオフの「ぴんとこな」の買取価格と、比較用に「まんだらけ」の買取価格を調べてみました。

※2013年10月15日現在の買取価格です。

■ぴんとこなの買取価格
 ・ネットオフ 1冊 200円 (1巻〜10巻)
 ・まんだらけ 1冊 150円 (9巻〜10巻のみ)

上記のように、ネットオフの買取の方が高額になっていますし、ネットオフでは全巻が高額買取対象なのに対して、まんだらけでは最新2巻のみが対象となっています。
私が何どもブログで紹介しているように、ネットオフはTSUTAYA系列の安心感と、インターネット買取に特化した強みを生かした買取価格が魅力です。
さらに、ネットオフの買取キャンペーン中に本を売れば、必ず15%以上買取価格がアップしますので、他のお店との差はますます大きくなります。

ぴんとこなは、ドラマ化された事もあって人気は今がピークかもしれません。
青年マンガ、少年マンガは、何年間も買取価格が高いままの本が沢山ありますが、少女マンガではほとんどありません。
買取価格は下がり始めると一気に下がる傾向がありますので、コマメに買取価格をチェックして、出来るだけ高い内に売る事をオススメします。

↓買取価格はこちらネットオフのHPで紹介されていて、会員登録などは不要でチェックできます。
posted by ヨムヨム君 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットオフの高額買取(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

ゆゆ式 三上小又

※2013年10月1日の情報です。買取価格は日々変化します。

ゆゆ式 三上小又  1冊200円

ゆゆ式は、学園ものの4コママンガで、2013年4月にはアニメ化されました。
私は、アニメの放送が終了された後に買取価格が一気に下がると思っていましたが、依然として根強い人気がある作品のため、買取価格をキープしています。
ただし、こういうジャンルの作品は買取価格が一気に下がる傾向があると思いますので、コマメに買取価格をチェックしておく事をオススメします。

なお、ゆゆ式はwikでは次のように紹介されていました。

■ストーリー
 野々原ゆずこ、櫟井唯、日向縁の3人は大の仲良し。高校生になった彼女たちは、変わらず友情をはぐくんでいた。そんなある日、「情報処理部」という部活動を知った3人はそこに参加する。彼女たちが行う情報処理部の活動内容とは、パソコン2台とホワイトボード1台の部室で、彼女たちが気になった単語をインターネットで検索して、それで得た情報や知識を題材にとりとめのない雑談をし、そこから得られた彼女たちなりの教訓をホワイトボードに記入するというもの。部活動の他にも優しい教師との触れ合い、新しい友人達との出会いなどを通じて女子高生3人のまったりとにぎやかな学校生活はより深みを増すのであった。

■登場人物
野々原 ゆずこ(ののはら ゆずこ) 声 - 大久保瑠美 情報処理部の部員の1人。3月24日生まれのA型。姉が1人いる。身長149センチ。 無邪気な性格で、ときに突飛な言動をして唯にちょっかいを出したりするが、変なところで真面目になるという一面も持つ。 軽音楽部や美術部からギターやデッサン人形を借りるなど、学校内での顔は広い様子。 実は成績優秀。一応メガネも持っているが、「頭よさそうに見られたらイヤ」という理由で普段はかけていない。
 櫟井 唯(いちい ゆい) 声 - 津田美波 情報処理部の部員の1人。5月1日生まれのA型。一人っ子。身長160センチ。 サバサバとした性格で言動もやや男性的であり、毎回暴走しがちなゆずこと縁に対するツッコミ役を務める。 その際ゆずこと縁に冷たく当たったり、2人にゲンコツのお仕置きを行うこともあるが、心の底では憎めずに思っている模様。 小学校時代、縁にお菓子をあげたことから縁と仲良くなる。 金銭感覚の緩い縁が小さい頃から身近にいたためか、お金に関することには厳しい。
 日向 縁(ひなた ゆかり) 声 - 種田梨沙 情報処理部の部員の1人で、部長。11月11日生まれのO型。兄が1人いる。身長156センチ。 唯とは幼馴染で、家はお金持ち。 かなりの天然ボケ(ゆずこと唯いわく「ふうせんみたいな頭の子」)。ゆずこのテンションに便乗して唯にちょっかいを出すことも多い。
 相川 千穂(あいかわ ちほ) 声 - 茅野愛衣 ゆずこたちのクラスメイト。1年次・2年次ともにクラス委員長。巨乳。 入学式の時に話をして以来、唯に対しては憧れに近い感情を抱いている。 奇天烈な言動が目立つゆずこと縁の2人が苦手であったらしく唯が一人の時にしか話しかけてこなかったが、本屋でゆずこと会った後は親しくなった。普段は佳・ふみと3人で行動している。
 岡野 佳(おかの けい) 声 - 潘めぐみ ゆずこたちのクラスメイト。千穂の友達。友人からは「岡ちー」と呼ばれている。 唯に千穂をとられるのではないかとライバル視しているが、買い物をしていて所持金が足りなかった時に唯がお金を貸してくれたことがキッカケで「ライバルが良いやつ」と知り見直した。それから唯とは日常的にメールを交わす仲になった。
 長谷川 ふみ(はせがわ ふみ) 声 - 清水茉菜 ゆずこたちのクラスメイト。千穂の友達。バドミントン部に所属している。 一見ボーっとしているように見えるが、実は周りの様子をよく見ており、ゆずこ達の会話を千穂に伝えて話題に参加できるようにしたりしている。 いたずらっ子の気がある。佳相手に容赦ないボケをかましてはツッコまれる。
 松本 頼子(まつもと よりこ) 声 - 堀江由衣 情報処理部の顧問を務める女性英語教師。巨乳。一人暮らし。身長164センチ。 温厚で人当たりの良い性格であり、ゆずこたち情報処理部の3人とは半ば同世代の友人のように接している。 ゆずこと縁からは「お母さん」「お母さん先生」と呼ばれているが本人はそれを嫌がっている。ゆずこたち情報処理部の『まとめ』を見るのが楽しみになっている。 最近は他の生徒たちからも「お母さん」と呼ばれ始めているが、本人は半ば諦めのような複雑な感情を抱いている。 ゆずこ達のノリについていけないことが多い。怖いこととびっくりすることが苦手。 部の備品のパソコンのうち1台を自宅に持ち帰っているため、部のパソコンが不足しているが、返すという考えはない様子。
■主な舞台
情報処理部 ゆずこ達が所属する部活動。 かつてはパソコンを用いた研修で就職活動をサポートするための部だったが、現在は部長の縁が思いついた(話の流れで出てきた)テーマをインターネットで調べるだけの部活動になっている。顧問の松本先生も厳しくなく、新入部員もいないため3人のまったりとした活動が続いている。 調べ物をした後は、ホワイトボードに適当に「まとめ」を書くのが習慣になっている


ゆゆ式

買取
posted by ヨムヨム君 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットオフの高額買取(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

じょしらく

じょしらく
※2013年2月9日の情報です。買取価格は日々変化します。

じょしらく(1巻以外)1冊350円

じょしらくは、ジャンルとしては青年コミックになりますので、一般的な店頭買取では基本的に1冊あたりの最高買取価格は100円程度となります。
アニメが終わってしばらく経ちますが、私が想像していたよりも息の長い人気となっています。
ただし、アニメ放送時には1巻も350円となっていましたが、現在は1巻のみ買取価格が下がっています。

一般的な店頭買取では基本的に1冊あたりの最高買取価格は70円程度となります。
ちなみに、作品解説は以下のとおりです(Wikipediaより)
ガールズ落語家漫画。作中で「この漫画は女の子の可愛さをお楽しみ頂くため邪魔にならない程度の差し障りのない会話をお楽しみいただく漫画です。とあるように、日常のどうでもいいことからネタを広げながら話を展開させていく。表向きでは落語漫画ということになっているが、実際に落語をする姿は一〜五・十三・二十一・二十四日目の各最初のページの1コマ目で「おあとがよろしいようで」と言う場面のみ(二十七日目とアニメでは落語の下げ(落ち)の部分が追加されている)で、寄席の楽屋での会話が主体となる。一話完結の形をとっており、外に出ることはない(戯曲作品における、一幕劇に類似)。五日目までは1話につき1人ずつ、1ページ目のめくりで登場人物名が明らかになっていく形をとっていた。作画では久米田作品に多用されるページ4段ブチ抜き画法を踏襲している。各話のタイトルは、それぞれ古典落語の演題に由来している(「猫の災難」、「あくび指南」等)。
作品名は「女子落語(家)」の略で、久米田の担当編集者を務める三浦敏宏が命名したもの。なお、単行本の奥付では「著者 久米田康治 ヤス」との表記で統一されている。ただし、単行本の表紙カバーなどでは「漫画 ヤス」「原作 久米田康治」と表記されており、久米田自身は「ふきだし係」と自嘲している。
久米田によると、落語を漫画の題材にした理由は落語好きの三浦が「落語で何か描いてよ」と久米田に持ちかけたからで、三浦は元々、久米田に落語の脚本を書かせて誰かに寄席で上演してもらうというイベントを構想していたという。しかし、久米田は落語に詳しくないため、ボロが出ないように、楽屋での会話を中心とする漫画になったという。
2010年5月17日に単行本第壱巻が、通常版とキャラ落語CD付き特装版の形式で同時発売。キャラCDにおいては波浪浮亭木胡桃役をAKB48のメンバー(当時)の小野恵令奈が、暗落亭苦来役を声優の後藤沙緒里が担当した。同年に出張読み切りとして『週刊少年マガジン』2010年24号に特別編が掲載された。
2012年1月にテレビアニメ化が発表され、同年7月よりMBS・TBSほかで放送。また、アニメ放送開始直前に『週刊少年マガジン』2012年31号・32号に2週連続でに特別編が掲載された。

じょしらく

買取
posted by ヨムヨム君 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットオフの高額買取(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。