※2013年04月現在のブックオフオンラインとネットオフの最高買取価格比較
 青年コミック少年コミック少女コミック書籍
ブックオフオンラインの最高買取価格250円150円150円1000円以上
ネットオフの最高買取買取300円300円250円2000円以上

■ネットオフ高額買取り商品一覧

・高価買取情報(コミック) コミック
・高価買取情報(CD) CD
・高価買取情報(DVD) DVD
・高価買取情報(ゲーム) GAME

2013年11月03日

フィギュア買取:宇宙戦艦ヤマト2199 山本玲 パイロットスーツver. (艦内服Ver.)

※2013年11月の買取価格です。買取価格は日々変化します。

【品名】ヤマトガールズコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 山本玲 パイロットスーツver.
【メーカー】メガハウス
【JAN】 4535123815454
【買取価格】 3,500円

なお、他のお店での買取価格は以下のとおりとなっています。
駿河屋 3,000円

また、もえたくでは、エブリデイキャンペーンも実施されていますので、汚れなどのマイナス査定を意識する必要はありません。
詳しくはネットオフのエブリデイキャンペーンを参照して下さい。
この他、ネットオフのHPにある買取一発検索というボタンをクリックすると、自分が売りたいフィギュアの買取価格を検索することが出来ますので、フィギュアの買取価格を調べたいという方にはオススメです。

ちなみに、宇宙戦艦ヤマト2199語は、wikiでは次のように紹介されていました。
■概説
本作は、1974年に読売テレビ製作・日本テレビ系列でテレビ放送され、後に社会現象と評されるまでに至った『宇宙戦艦ヤマト』第1作(以降、「旧作」)を原典とする38年ぶりのリメイク作品であり、素材は完全新作アニメーションとして制作される。
総監督に出渕裕、キャラクターデザインに結城信輝を起用し、アニメ制作はXEBECとAICが担当する。音楽は、旧作を手掛けていた宮川泰の実子である宮川彬良が担当(詳細は#音楽を参照)。
本作はテレビシリーズとして製作され、テレビ放送に先駆けてYouTubeの松竹公式チャンネルをはじめ、インターネットの各所で本作のPVが公開されており、2012年4月7日から全国10映画館で先行イベント上映も行われている。また、それに並行して有料配信やビデオソフト販売が行われている。なお、テレビ放送は当初2012年を予定していたが、2013年以降になることが発表され、先行上映を経て2013年4月7日からTV放送が開始された。
9月29日の最終話放送終了後、完全新作の劇場映画が2014年に公開されることが告知された。

■企画・経緯
本作の企画は何度もの頓挫を経て、2007年後半に始動した。元々はアニメ映画『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』(2009年)や実写特撮映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(2010年)と併せて3作品セットという方向で企画され、リメイク版の本作から先に公開するという話もあった。しかし、諸般の事情により決定が遅れ、2010年9月に西ア義展から原作の使用許諾が降りた。2011年春には正式にGOサインが出て、2012年から公開開始という形になった。
当時はテレビアニメ版『地球へ…』の制作を担当していた南町奉行所や東京キッズが本作をリメイクすることになっており、同作の脚本に参加していた出渕裕が本作の監督として推薦された。『宇宙戦艦ヤマトIII』や『宇宙戦艦ヤマト 完結編』にメカニックデザイナーとして参加していた出渕は、旧作の本放送時からのファンであることを公言しており、リメイクする場合のアイデアを何度も脳内シミュレーションしてきたが、複雑化した権利関係への懸念も持っていた。また、リメイクに際しては庵野秀明を監督とし、その下で参謀に就きたいと思っていたため、自らへの監督就任には考える部分もあったという。後に依頼があった時点では権利関係の問題は解決の方向へ向かっており、また庵野が『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの総監督で手一杯となっていた状況を鑑み、依頼を承諾した。また、自らと同じく旧作に導かれてアニメ業界へ入った世代の同業者達へ声を掛けてスタッフを集め、旧作への愛と敬意を持って作業に当たった。
その後、アニメ制作は『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』の制作に関わっていたXEBECやAICへ移管された。また、近年のデジタル制作に不可欠なCGについては『機動戦士ガンダム MS IGLOO』の制作に関わっていたSUNRISE D.I.D.が参加している。
監督を引き受けた出渕に対し、周囲からは本作を火中の栗に例えて危ぶむ声も出たが、4年以上の準備期間を経て陽の目を見ることとなった本作の出来について、出渕は2012年2月18日に開催されたイベント「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式〜俺たちのヤマトSP〜」で本編第1話の初公開を終えた後、最小公倍数や最大公約数に例えた満足や自負を述べている。
タイトル決定までの仮タイトルは『新・宇宙戦艦ヤマト COSMO LORD 2199』(しん・うちゅうせんかんヤマト コスモ・ロード にいいちきゅうきゅう)だった。また、生前の西アは制作にあたって4つの条件を出した他、出渕が提出した全体構成の草案にあたって3か所の駄目出しを行ったという。

また、ネットオフ(もえたく)では、様々なジャンルのフィギュアを取り扱っていて、フィギュアの買取価格を予め検索できるようになっています。
フィギュアの買取価格を調べたい方は、以下のバナーからネットオフ(もえたく)のHPにアクセスして、「買取価格一発検索」ボタンをクリックしてみて下さい。

フィギュア

買取

2013年11月02日

フィギュア買取:宇宙戦艦ヤマト2199 森雪 (艦内服Ver.)

※2013年11月の買取価格です。買取価格は日々変化します。

【品名】ヤマトガールズコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 森雪 (艦内服Ver.)
【メーカー】メガハウス
【JAN】 4535123814624
【買取価格】 7,000円

なお、他のお店での買取価格は以下のとおりとなっています。
駿河屋 4,000円
フィギュア買取鑑定団 5,000円

また、もえたくでは、エブリデイキャンペーンも実施されていますので、汚れなどのマイナス査定を意識する必要はありません。
詳しくはネットオフのエブリデイキャンペーンを参照して下さい。
この他、ネットオフのHPにある買取一発検索というボタンをクリックすると、自分が売りたいフィギュアの買取価格を検索することが出来ますので、フィギュアの買取価格を調べたいという方にはオススメです。

ちなみに、宇宙戦艦ヤマト2199語は、wikiでは次のように紹介されていました。
■概説
本作は、1974年に読売テレビ製作・日本テレビ系列でテレビ放送され、後に社会現象と評されるまでに至った『宇宙戦艦ヤマト』第1作(以降、「旧作」)を原典とする38年ぶりのリメイク作品であり、素材は完全新作アニメーションとして制作される。
総監督に出渕裕、キャラクターデザインに結城信輝を起用し、アニメ制作はXEBECとAICが担当する。音楽は、旧作を手掛けていた宮川泰の実子である宮川彬良が担当(詳細は#音楽を参照)。
本作はテレビシリーズとして製作され、テレビ放送に先駆けてYouTubeの松竹公式チャンネルをはじめ、インターネットの各所で本作のPVが公開されており、2012年4月7日から全国10映画館で先行イベント上映も行われている。また、それに並行して有料配信やビデオソフト販売が行われている。なお、テレビ放送は当初2012年を予定していたが、2013年以降になることが発表され、先行上映を経て2013年4月7日からTV放送が開始された。
9月29日の最終話放送終了後、完全新作の劇場映画が2014年に公開されることが告知された。

■企画・経緯
本作の企画は何度もの頓挫を経て、2007年後半に始動した。元々はアニメ映画『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』(2009年)や実写特撮映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(2010年)と併せて3作品セットという方向で企画され、リメイク版の本作から先に公開するという話もあった。しかし、諸般の事情により決定が遅れ、2010年9月に西ア義展から原作の使用許諾が降りた。2011年春には正式にGOサインが出て、2012年から公開開始という形になった。
当時はテレビアニメ版『地球へ…』の制作を担当していた南町奉行所や東京キッズが本作をリメイクすることになっており、同作の脚本に参加していた出渕裕が本作の監督として推薦された。『宇宙戦艦ヤマトIII』や『宇宙戦艦ヤマト 完結編』にメカニックデザイナーとして参加していた出渕は、旧作の本放送時からのファンであることを公言しており、リメイクする場合のアイデアを何度も脳内シミュレーションしてきたが、複雑化した権利関係への懸念も持っていた。また、リメイクに際しては庵野秀明を監督とし、その下で参謀に就きたいと思っていたため、自らへの監督就任には考える部分もあったという。後に依頼があった時点では権利関係の問題は解決の方向へ向かっており、また庵野が『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの総監督で手一杯となっていた状況を鑑み、依頼を承諾した。また、自らと同じく旧作に導かれてアニメ業界へ入った世代の同業者達へ声を掛けてスタッフを集め、旧作への愛と敬意を持って作業に当たった。
その後、アニメ制作は『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』の制作に関わっていたXEBECやAICへ移管された。また、近年のデジタル制作に不可欠なCGについては『機動戦士ガンダム MS IGLOO』の制作に関わっていたSUNRISE D.I.D.が参加している。
監督を引き受けた出渕に対し、周囲からは本作を火中の栗に例えて危ぶむ声も出たが、4年以上の準備期間を経て陽の目を見ることとなった本作の出来について、出渕は2012年2月18日に開催されたイベント「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式〜俺たちのヤマトSP〜」で本編第1話の初公開を終えた後、最小公倍数や最大公約数に例えた満足や自負を述べている。
タイトル決定までの仮タイトルは『新・宇宙戦艦ヤマト COSMO LORD 2199』(しん・うちゅうせんかんヤマト コスモ・ロード にいいちきゅうきゅう)だった。また、生前の西アは制作にあたって4つの条件を出した他、出渕が提出した全体構成の草案にあたって3か所の駄目出しを行ったという。

また、ネットオフ(もえたく)では、様々なジャンルのフィギュアを取り扱っていて、フィギュアの買取価格を予め検索できるようになっています。
フィギュアの買取価格を調べたい方は、以下のバナーからネットオフ(もえたく)のHPにアクセスして、「買取価格一発検索」ボタンをクリックしてみて下さい。

フィギュア

買取

2013年10月31日

フィギュア買取:ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語 スィーリア

※2013年10月の買取価格です。買取価格は日々変化します。

【品名】ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語 スィーリア
【メーカー】ダイキ工業
【JAN】 4582261371489
【買取価格】 10,000円

なお、他のお店での買取価格は以下のとおりとなっています。
駿河屋 7,500円
フィギュア買取鑑定団 8,500円

また、もえたくでは、エブリデイキャンペーンも実施されていますので、汚れなどのマイナス査定を意識する必要はありません。
詳しくはネットオフのエブリデイキャンペーンを参照して下さい。
この他、ネットオフのHPにある買取一発検索というボタンをクリックすると、自分が売りたいフィギュアの買取価格を検索することが出来ますので、フィギュアの買取価格を調べたいという方にはオススメです。


ちなみに、ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語は、wikiでは次のように紹介されていました。
■概要
『プリンセスラバー!』(以降、『プリラバ』)に続くRicottaの第2作であり、『プリラバ』と同じく原画・キャラクターデザインはこもりけいが担当している。
2009年3月21日にRicotta公式サイトへ紹介ページが開設され、製品の発売に先駆けてグッズ販売やイベント参加が行われたが、開発の難航から発売は何度もの延期を経た2年7か月後にまで遅れ込むこととなった。
ゲームシステムやグラフィック、セックスシーンの趣向といった要素は『プリラバ』と同様であるが、学園を舞台とした一方で馬上槍試合の一騎打ちである「ジョスト」を題材とした点は大きく異なる。また、『プリラバ』と違って各種作品群への派生前の時点で、一般向け作品への出演声優を起用したドラマCDが発売された。
2012年8月9日には、スピンオフ作品『ワルキューレロマンツェ More&More』の制作が発表された。2013年10月25日発売。前作のサブヒロインについてはもう1つの物語を描き、前作のメインヒロインについてはその後の物語が短編でそれぞれ描かれる。
2013年6月21日には、テレビアニメ化が発表された。『ワルキューレ ロマンツェ』のタイトルで同年秋から放送開始予定と報じられ、同年10月より放送中。
2013年10月4日には、DMM.comで独占ダウンロード販売が開始された。

■あらすじ
主人公・水野貴弘は、馬上槍試合「ジョスト」で自らの力を試すために本場の欧州に留学したが、ジョストの大会決勝で大怪我をし、力を発揮できなくなってしまい引退し、べグライター(騎士補佐)を専攻していた。そして今期の大会が始まり、様々な少女と出会い、その少女を支えたいという意志からべグライターとして、少女と共に優勝を目指す。

■登場人物
声優名は特記の無い限り、PCゲーム版 / ドラマCD版・テレビアニメ版。1人しか記載されていない場合は特記ない限りPCゲーム版の声優。

■主人公
水野 貴弘(みずの たかひろ) 声 - 山下誠一郎(テレビアニメ版) この物語の主人公。 ウィンフォード学園2年生でべグライター科専攻。子供の頃から母国・日本でジョストのジュニア部門で無敗と謳われた天才騎士で、自分の力を試すために本場の欧州に留学し、数々の大会で活躍していたが、数年前の大会決勝での大怪我の後遺症によりジョストが困難になったため、騎士の道を諦めべグライターに転向した。長年の経験と観察力から、相手騎士の行動や馬の状態を読むことに優れている。 ベグライターとしての実績は殆ど無いが、その隠れた才能はスィーリアやノエル、茜やカイル等も認めるほどである。さらにはリサルートでは一度だけ玲奈のべグライターとしてタッグを組んだことで、今までリサに勝てなかった玲奈が圧倒的に追い込むなど騎士の力を最大限に発揮させるなど、リサのべグライターになって欲しいと頼んだ玲奈自身も自分のべグライターになってもらいたいと思わせるほど。他のベグライターが手を出そうとしない気難しい馬もすすんで世話をするなど、競技に関係無くかなりの馬好き。 脚に後遺症が残っており、乗馬や基本的なジョストはできるが、大会レベルのジョストは脚に負担がかかるため、長時間はできない。逆に短時間であれば、学園最強のスィーリアともほぼ互角に戦えるほどの実力を持つ。 容姿に優れ、また時折見せる紳士的さに男女問わず人気がある。入学して2年経つが未だにパートナーが見つからず退学の危機に陥っていたが、少女と出会い、その少女を支えたい気持ちから彼女を選び、共に大会優勝を目指すこととなる。騎士を辞めた本当の理由は「周囲の期待をまた裏切ってしまうことが怖かったから」ということが美桜ルートで明らかになる。美桜とスィーリアルートでは最終的に自らも騎士として再起し、優秀な成績を残すまでになる。『more&more』での綾子ルートでも綾子の励ましと助言によってストーリーの途中で騎士に戻る決意をする。 自身の所有する馬は特に無いが、「春風(はるかぜ)」という馬に乗ることが多い。

■メインヒロイン
 希咲 美桜(きさき みお) 声 - 茉田部里依紗 / 清水愛 身長:157cm / スリーサイズ:84 (C)/54/83 / 誕生日:3月10日 / ジョストの技術順位:Dランク 趣味:お茶の葉集め、消しゴムはんこ / 好きなもの:ティータイムと創作料理 ウィンフォード学園2年生で普通科専攻。貴弘が留学していた頃からの知り合いで、近所に両親と暮らしており、TARTE TIMEでは綾子の趣味によるメイド服を着せられてアルバイトしている。家庭的な性格で家事全般が得意。普通の料理は上手だが、趣味の創作料理であからさまに変な組み合わせの食材・調味料を使うために不味いを通り越して物凄い味がするうえ、それを貴弘達に時々食べさせたりしている。貴弘のことは騎士時代から見続けており、騎士を引退した後もいつの日か復帰することを願っている。 ある日、ひょんなことからベルティーユとの一騎打ちを挑まれ、成り行きで貴弘の指導の下で練習し、勝利する。その際、腰まで伸ばしていたロングヘアーを邪魔だからとショートヘアにした。美桜のシナリオではこの出来事を機にジョストの楽しさに目覚め、貴弘と一緒に本大会への出場と勝利を目指す。 使用する鎧はジェイムスが持っていた中古の甲冑を購入し、兜は貴弘が騎士時代に使っていた兜を使用。馬はジェイムスが買い付けた未調教の馬で、年齢も若く体格は小さいが、長年の勘で「コトの次第じゃ化けるかもしれない」と提供してもらった。 当初は馬ですら乗れない有様で、大会までの時間が少なかったために上級技術は無理だが、騎士時代の貴弘の試合を間近で観ていた影響で相手の動きがおおよそ理解でき、生まれつき動体視力と反射神経が優れているため、相手のある程度の攻撃には対処できる。エンディングでは騎士科から普通科に戻り、以前の生活に戻っている。ジョストはベルティーユや茜の練習相手を担当する程度であり、貴弘以外のベグライターと組む気が無いため、大会などには参加せず騎士になる気はない。 愛用の鎧は、名工・MISAGRIAの1998年製。スタンダードだが、高い加工精度で非常に動きやすい。EARLY GOTHIC ARMORタイプ / 材質はスチール、ブラス、炭素繊維 / 重量9.8kg / 製造国はイタリア・ミラノ。 愛馬の名前はサクラ。
 スィーリア・クマーニ・エイントリー 声 - かわしまりの / 瑞沢渓 身長:168cm / スリーサイズ:93 (G)/56/88 / 誕生日:11月27日 / ジョストの技術順位:Sランク 趣味:クマのぬいぐるみ集め、お風呂 / 好きなもの:グヤーシュ、お好み焼き ウィンフォード学園3年生で騎士学科専攻、そして学生会会長。国内でも有数の名家「エイントリー公爵家」の長女で、その美貌と堂々とした姿勢、誰にでも分け隔てなく接するその性格ゆえ、全校生徒から尊敬されている。「騎士たるもの強くあれ」という家訓の元に幼い頃からジョストに勤しみ、数々の大会優勝、そしてウインフォードの大会でも2連覇を成し遂げている女王。去年までべグライターを得ておらず、かつて兄・ユリアーヌスの弟子で、騎士として優秀だった貴弘にべグライターになってもらうよう依頼した。普段は凛とした姿勢でいるが、趣味はくまのぬいぐるみの収集。態度が一変して熱く語るほどで、自宅の部屋にはたくさんのぬいぐるみが置かれている。 騎乗する馬は自身が所有する馬。生来の才能に加え、ひとつひとつのことをじっくりと鍛錬する努力型で、ひとつひとつの動作に無駄がなく、そして速く、ほとんどの試合では羽落としで決着をつけている。 愛用の鎧は、名工・MATTEOGRASSIの2004年製で、MISAGRIA製より装飾と軽量化を重視して設計されている。HIGH GOTHIC ARMORタイプ / 材質はスチール、金、革、炭素繊維 / 重量9.2kg / 製造国はイタリア・ロンバルディア。 愛馬の名前はリヒト (Licht) 。
 ノエル・マーレス・アスコット 声 - 島原蘭 / 中村繪里子[2] 身長:160cm / スリーサイズ:86 (D)/56/84 / 誕生日:9月15日 / ジョストの技術順位:Bランク 趣味:ハーブ栽培、カフェ巡り / 好きなもの:サンドウィッチ、ジャンクフード、妹 ウィンフォード学園2年生で騎士学科専攻。名家「アスコット侯爵家」の長女で、スィーリアに並ぶ大貴族として有名だが、明るくフレンドリーに接する性格から周囲に好かれている。かわいい女の子にセクハラする癖があり、主に美桜が(稀に茜やフィオナが)犠牲になることが多い。また、社交界にも幼少の頃から接していたため、時折淑女な振る舞いを見せることもある。去年の大会では目立った活躍はしなかったが、上級レベルに追いつくほどの実力を持ち、妹・ミレイユのためにも今大会での優勝を狙う。 貴弘にべグライターになって欲しいことを頼んだ最初の1人である。その結果、予選でも全て完全勝利したり本選の準決勝でもリサを圧勝するなど、貴弘をべグライターにしたことにより、その強さを発揮するような活躍を見せる。 基本と応用に忠実な、しかし無駄のない攻撃と防御、そして時には大胆な賭け引きをする闘い方をする。 愛用の鎧は、堅実なARMATURA社の2007年製。実戦重視の質素なデザインで、ノエルがヘルムをカスタムしたもの。 GOTHIC ARMORタイプ / 材質はスチール、チタン、ブラス、カーボン / 重量10.6kg / 製造国はイタリア・ヴェネツィア。 愛馬の名前はエトワール (Etoile) 。
 リサ・エオストレ 声 - 夏野こおり / 田口宏子[2] 身長:147cm / スリーサイズ:77 (B)/53/80 / 誕生日:6月3日 / ジョストの技術順位:Aランク 趣味:ジグゾーパズル、一人旅風の写真撮影 / 好きなもの:激辛ナシゴレン ウィンフォード学園1年生で騎士学科専攻。ジュニアの頃から数々の大会で優勝するなど類稀なる才能を持ち、学園内でも2・3年生でもまともにやり合える相手がなかなかいないと言われるほどの天才。普段は人付き合いが苦手で、無口で無愛想なために周囲とはなじめず、入学試験の時に知り合ったフィオナと大抵一緒に居る。幼い頃に母は他界しており、形見の指輪をネックレスにして首に下げている。背が低く顔つきが幼いために子供扱いされることもあり、本人は気にしている。大の辛党で、美桜が作った「超激辛タコス」も表情を変えずに黙々と食べている。チェスが強く、時々カイルやジェイムスが挑戦してくるが、返り討ちにしている。ただ、貴弘がジェイムスにアドバイスをしたときは初めて負けている。 1人でも勝てることを証明する気持ちで戦ってきたが、スィーリアのシナリオにおける決勝では貴弘をベグライターとして雇ったスィーリアに敗北し、ノエルのシナリオでは準決勝で貴弘に隙を付けられるように見抜かれてノエルに瞬殺された。 ジョストで着る鎧は黒い鎧。べグライターは必要ないと選ばず、馬を全速で疾走させて決着をつける突撃を主とした短期決戦型。 愛用の鎧は、MITTELALTER社の2009年最新型。ライン加工が帯状で独特な形で、カーボンファイバーが多く使われており、軽く頑丈に作られている。MAXIMILIAN ARMORタイプ / 材質はチタン、炭素繊維 / 重量7.6kg / 製造国はイタリア・ローマ。 愛馬の名前はブリッツ (Blitz) 。

また、ネットオフ(もえたく)では、様々なジャンルのフィギュアを取り扱っていて、フィギュアの買取価格を予め検索できるようになっています。
フィギュアの買取価格を調べたい方は、以下のバナーからネットオフ(もえたく)のHPにアクセスして、「買取価格一発検索」ボタンをクリックしてみて下さい。

フィギュア

買取
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。