※2013年04月現在のブックオフオンラインとネットオフの最高買取価格比較
 青年コミック少年コミック少女コミック書籍
ブックオフオンラインの最高買取価格250円150円150円1000円以上
ネットオフの最高買取買取300円300円250円2000円以上

■ネットオフ高額買取り商品一覧

・高価買取情報(コミック) コミック
・高価買取情報(CD) CD
・高価買取情報(DVD) DVD
・高価買取情報(ゲーム) GAME

2016年07月25日

店ごとの買取価格の比較にはほとんど意味が無い

のっけからこのブログの全否定のようなタイトルを付けてしまいましたが、買取価格を比較し続けた私の正直な感想です。

まずそもそもの大前提として、古本は基本的に定価以上の価格で販売される事はありません。(大昔の貴重なコミックとかは別です)
コミックなんて1冊500円〜600円程度で、ブックオフの店舗を回ってもらえばすぐ分かるとおり、基本的に定価の半額程度か100円のどちらかで販売されます。
つまりコミックは高くとも300円〜400円程度で販売される事になりますので、店舗の水道光熱費、税金、諸費用、賃金などを払っても利益を出し、さらに売れ残りによる廃棄リスクも考慮すると1冊あたりの買取価格なんて高くとも100円位で落ち着くのがほとんどです。(超人気コミックは200円、300円位で買い取る事もありますが、そういうのはレアケースです)

ブックオフは安い、地元の店は高いとか噂を聞いては同じ本を査定して回っても、せいぜい1冊40円が50円になるとか、そのくらいの違いでしかありません。
そもそもブックオフだって店員ごとに買取価格なんて多少のバラつきがありますし、お金の無い学生さんとかならともかく、大人が気にするほどの差額はほとんど発生しません。

お店ごとの金額を気にするくらいなら、売るタイミングを気にした方がよっぽど利口です。
例えばコミックを1回読んだら基本的に読み返ししないような方であれば、新刊で買って、読み終わったらすぐにどこかのお店に持ち込むのが一番確実に高く買い取ってもらえます。
人気コミックであれば半額程度で買い取ってもらえる事もありますので、これを2回繰り返せば、コミック1冊タダで買ったくらいのインパクトになります。
さすがに読んですぐに売るのが嫌だという方であれば、最寄り店舗かインターネットから申し込みできる所がキャンペーンを行なっている時に売るのがお得です。
例えば私がブログで紹介しているネットオフであれば、買取価格がもれなく20%、30%アップするようなキャンペーンを頻繁に行なっていますので、こういう時を狙って本を売ると得します。

本を高く売るのはタイミングが大事で、さらに労力が最小に済むものがいいでしょう。
最近インターネット上からの買取申し込みが増えているのは、引き取りに来た運送会社の人にダンボール詰めした本を渡せばよいという手軽さが受けているからです。
ブックオフでも出張買取を行なっていますが、こちらは基本的にお客の自宅で査定して本を持って帰るシステムなので、店員さんを家に上げなければならず、さらに値段がつかなかった本は引き取ってもらえません。
本を売るときは、このようにタイミングと手間を考えて決めるのがオススメです。


ブックオフ

買取


posted by ヨムヨム君 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックオフの買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

人気がコミック買取価格へ反映されるタイムラグを利用する

世間で人気が高い本が高額買取されるのは当たり前なのですが、世間の人気がコミックの買取価格に反映されるまでにはお店ごとのタイムラグがあります。

例えば、ネットオフなどのインターネット買取に特化したようなところでは、専用の買取バイヤーが最新の買取価格を設定しているため、世間で人気が出始めたばかりのような本もすぐに買取価格が反映されます。
その反面、人気が一段落したり、買取を申し込む人が増えて在庫が増加しつつあるような本は、すぐに高額買取対象から外されてしまいます。
そういうインターネット上のサービスに比べると、ブックオフは世間の人気が価格に反映されるまでの期間が若干長いように感じます。
ネットオフでは既に高額買取対象から外れて久しいような本も、ブックオフでは高額買取対象になっていたりします。

ただし、以前のブログでも書いたように、基本的に本1冊あたりの買取価格というのは、お店ごとにそれほど大きく変わるわけではありません。
下手をすると、どこのお店の買取価格が高いのか調べる労力の方が高くつくような場合もありますので注意して下さい。
しかし買取してもらいたい本が世間で人気が高いような本ばかりの場合は、1冊あたりの買取価格の違いが大きくなります。

例えば以前、キングダムというコミックの人気が出始めたころ、私の近所のブックオフでは高額買取対象になっていなかったため、恐らく1冊100円前後での買取だったと思いますが、ネットオフでは350円で買取を行なっていました。
そういったコミックを何冊かまとめて売る場合は、最終的な金額の違いが多くなりますので、お店ごとの価格の違いを調べた方がお得です。

ブックオフ

買取価格
posted by ヨムヨム君 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックオフの買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

人気コミックの高額買取について

ブックオフやその他の中古本を扱っているお店に行くと、人気がある本の買取価格が店内に貼られている場合があります。
このように値段が貼られていると、自分の売りたい本の買取価格が分かって便利ではあるのですが、価格が公開されるのは一部のみであるため、いろいろと注意する必要があります。

例えば、ある人気コミックの買取価格が300円だからといって、自分が売りたい本の買取価格もその近辺になるとは限りません。
300円の本より若干人気が無い場合は250円、200円くらいになるかというと、必ずしもそうではないのです。
古本業界の事情を知らない方が聞いたら驚かれるかもしれませんが、人気コミックを300円位で買い取るようなお店でも、人気がない本は10円〜数十円単位で買い取るのが普通なのです。

私がブックオフで働いていたときは、コミック1冊の買取価格は最高でも100円でした。
ところが、近くのお店では1冊300円くらいでの買取を行なっていたため、試しに一度本を売ってみようと思い、ブックオフ査定で30冊2000円くらいになるであろう本を、そのお店に持ち込んでみたところ、買取価格が1200円位になってしまい、驚いた事があります。
査定結果を見ると、確かに人気コミックには300円、250円という値段がついていましたが、それ以外の本は10円、5円となっていて驚いた覚えがあります。

買取価格が安いと言われるブックオフですが、当時コミックは100円→60円→40円というように人気や新しさなどに応じて値段がつけられており、そんなに人気がない本でもそれなりの価格で買い取っていたため、全体的に見るとそれなりの買取価格になっていました。
このように、自分が売りたい本がチラシで貼られている本だけである場合は単純なのですが、それ以外の本も売る場合は注意が必要です。

現在はブックオフも最高買取価格が上がっていて、他のお店と大きな差は無くなってきています。
そのため、高額買取商品のために遠くのお店に本を持ち込んでも、労力や時間を考えると逆に損をするような場合もあるでしょう。
売りたい本の中の1冊だけの買取価格で判断するよりは、持ち込む手間、待ち時間、買取キャンペーン情報などを上手く活用する方をオススメします。
手間や時間を最大限に省略しつつ、人気商品を高額で売りたいという事であれば、ネットオフなどのサービスを利用してインターネット上から売るのが一番利口かもしれません。

ブックオフ

買取価格







posted by ヨムヨム君 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックオフの買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする